旅行スケジュールとシンガポール航空の感想...

未分類

【旅行会社のツアー利用はどうだったか】

今回バリ王さんでもって予約したツアーで行ってきたのだけど、

次回からやはり個人手配がベストかもと思いました。

担当者にもよるのでしょうけど、予約の電話の際、

質問への回答がしっかりしていたり、親切に教えてくれたりする方と、

淡々と最低限の答えだけの方と様々でした。

飛行機のチェックインと同時に座席指定(48時間前に)行ったけど、

行きの便での選択肢はほとんどなく、やむなくの窓際と中央の席の並びになってしまいました。(※私はトイレ問題から通路側の席を取りたかったのです)

もしかしたらこれはツアー予約時にリクエストすれば、バリ王さんの方で叶えてくださったのかもしれませんが、

そういったバリ王さん側からの口頭でのアナウンスはありませんでした。

※記載はあるのかも、別料金でね。どのみち自分でやるしかないのだったら、なおさら個人手配がいいのかもしれません。

ただ、バリ王さんのhpで事前準備(ビザの申請や税関申告の準備等)が非常にわかりやすくは案内があり助かりました。

【バリで滞在時間を長くしたかった】

また

今回、バリ島滞在時間をできるだけ長くするために、

行きは深夜便で行き、午前中にバリ島着、

帰りは深夜便でバリ島から帰る、というシンガポール航空を選びたかったんですよね。

が、出遅れて、行の便は希望通りで取れましたが(とはいえツアーとして押さえている分はもう無く、プラス4万くらいの旅行代金となりました)

帰りは昼過ぎ13時にバリ島発の飛行機となりました。

【バリ島発は日中の方が踏ん切りがつく】

非常に残念に思いましたが、

振り返ってみるとこの便がちょうどよかった気もします。

最後の朝ごはんを3人でしっかり頂き、

荷造りの確認をしてホテルを後にし、明るい陽射しの中での

バリ島とのサヨナラは爽やかでした。

これが、深夜便でのサヨナラは、後ろ髪惹かれる感じはマックスですよね。

バリ島の空港、搭乗Gそばにバリ絵画がたくさん飾られていてうれしかったです。(という割にはじっくり見ていない...)

【トランジット7時間問題】

シンガポールのチャンギ空港で7時間もトランジットの時間があって、

それもかなり危惧しましたが、杞憂に終わりました。

一緒に行ったAちゃんもまったり上手で、

私がそわそわ買い足りないお土産を買いに行ったりなんだりしている間、

座ってゲームしたりしていてくれて、

なんだかんだ『意外とすぐ搭乗時間だね?』と軽く驚いたくらいです。

ゆったりと旅の余韻をこのトランジットで味わせてもらいました...

チャンギ空港内には座れる場所がたくさんありました。

ほんと、終わってみると悪くないスケジュールだった、とさえ思うのですが、

次回はどうしたいか?と問われると『直行便で!』というのが正直なところ...

今回はまぁ上手く行ったからよかったけれど、

エコノミーで、合わせて10時間の飛行機搭乗はやはり疲れますからね...

【シンガポール航空の感想】

・エコノミーの席、前後の幅がせまい。膝と前の席との間隔ほとんどなし。

・食事、美味しいものもあれば普通の料理もあり。

行きのシンガポールからバリ島までの飛行機で出た朝食、チキンボールの入ったおかゆがすっごく美味しかった。

・映画の種類沢山あったけれど、すごく見たいものはなかった。モニター❓の   大きさにはびっくり、操作も色々出来てそこの進化には感心した。

・前のほうの座席は感じなかったが帰りの後部座席はめちゃめちゃ寒かった。寒い寒くないってどんなところで決まるんだろう...行きは準備万端でそれこそダウンジャケットとか薄手のカシミヤストールとか手持ちバッグに入れていたんだけど、出番なし。なので帰りはスーツケースに仕舞っていたら、すっごく寒くてあれば良かったのにって残念無念だった...でもとにかく足元と前の座席との間隔の狭さで、手持ちバッグをいじるのもままならなかったので、一度バッグを置いてしまったら動けなくなるくらいでもあったんだよね。

・CAさんたちは可もなく不可もなく、ユニフォームはもちろん素敵だったけど。

 

だらだらとどうもこうもなく書いてしまいましたが、まぁ参考になるかたもいるやもしれません...

人気ブログランキング - 投票処理中

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました